SWAN21(超音波伝搬シミュレーションソフトウェア)

SWAN21ロゴ

概要

  • SWAN21は高速、高精度の超音波伝搬シミュレーションソフトウェアです。

  • 有限積分法(FIT:Finite Integration Technique)※1を用いてリアルタイムな計算を可能にします。シミュレーションモデルの作成から結果の可視化までをGUIベースで一連の操作として行うため、作業が効率的で、操作のための学習コストをほとんど必要としません。

特長

高速計算

有限積分法(FIT:Finite Integration Technique)※1を採用し、並列処理により高速計算を行います。
GPGPUによる超高速計算(GPU版のみ)を実現しています。

低学習コストのインタフェース

シミュレーションモデルの作成から結果の可視化までをGUI操作で行い、作業が効率的で、操作のための学習コストをほとんど必要としません。

可視化

アニメーションによる解析結果の可視化、グラフ表示による受信波形データの解析を行うことができます。

※1:愛媛大学 中畑和之准教授らが提案している並列計算手法です。

SWAN21スクリーンショット

SWAN21スクリーンショット1
SWAN21スクリーンショット2
SWAN21スクリーンショット3

テックビュー(携帯端末用画像表示システム)

【テックビューASP】携帯向け業務ソリューション

  • 詳細部分と全体部分の画像を同時に把握できます。
  • いつでも、どこからでも、簡単に、現場状況を画像で確認できます。
  • 携帯で撮影した画像をサーバに登録し、他のユーザと情報共有できます。
techview

特長:

  • 画像閲覧には、拡大機能としてテックビューを利用し、部分拡大と全体の画像を同時に見ることができます。
techview
<独自の非注目領域縮小法を採用:離散コサイン変換(DWT)に基づく、高圧縮画像符号化技術を利用しています。>
  • 拡大した詳細部分と全体部分が同時に把握できるので、従来のようなスクロール操作が不要となります。
  • 携帯電話側に、データを残さないので、携帯のメモリ容量を気にすることなく、撮影ができます。
  • 画像にコメントを記入することも出来ます。

ASPサービスとは?(ASP:Application Service Provider)

  • インターネットを利用して、サーバ上のアプリケーションソフトウェアを利用できるサービスのことです。
  • サービス提供会社がサーバを保有し、保守・管理なども同時に行うため、サービス利用者の方は利用に専念できます。

スキャンテクノ(Web文書管理システム)

  • 大量のビジネス文書などを瞬時にWEB情報として蓄積・公開できるシステムです。
  • 操作は簡単。WEBブラウザで情報取り込みと公開までを、一気に行います。
  • 紙原稿データさえ作成すれば、WEBページ(ホームページ)を作成することができます。
  • WEBサーバ、WEBページ作成の知識も要りません。
  • CANON製ドキュメントスキャナについて Linux 用のデバイスドライバを自社開発することにより高セキュリティで安定したシステムとなっています。
  • スキャンテクノの詳細については、お問い合わせください。

Linuxサーバ

  • Linux は、システムの安定性、安全性が高く、スペックの低いPCでも、軽快にシステムを動かすことができます。
  • Webサーバはもちろん、メール、Wiki、Blog、FTP等のあらゆるサーバシステムをLinux (Debian) を核として開発しております。
  • 各種サーバ構築、Webシステム開発・保守・管理を賜りますので、お気軽にお問い合わせください。